兄目線でアニメ
 
アニメに対する、視点、論点、あと,メイドさんとか、自作PCとか、鉄道とか酒とかな話。
 



2007年1月を表示

祝、ビスタ発売!

こんにちは、皆さん、ご機嫌麗しゅうお過ごしでしょうか?世界のお姉さまこと萌兄です。

今日は、ウインドウズビスタの発売日ですね。萌兄も早速、お店でビスタ体験!ふむふむ、さすがにいいね、エアロは、でも、だから何?

まあ、エアロとか、新しいインターフェイスは便利かどうかは、人それぞれだろうけど、セキュリティー面が強化されてるのは、ちょっと魅力。ほんのちょっとだけど。

ビスタに変えるのは別にいいんだけど、アプリケーションも使えなくなるのはあるだろうし、ドライバもまだおっ付いてないものもあるだろうから、最低、一年は待ちかな。高い金払って、便利になるだけならともかく、不具合でたらしゃれにならんし・・・。

そういえば、ニュースとかでは、ビスタはメモリを食うってよく言うけど、メモリを増設すればいいってもんじゃないんだよね。エアロは3D処理が必要だから、グラフィックチップも良くないといけないし、ビデオメモリーも多くないといけない。そういうところ素人さん分かってるのかしら?

どうせ、どっかの勘違い野郎が、メモリ足しても、ビスタ動かないんですよ、とか、馬鹿なこと言い出すぜ、しかもそういう厨房に限ってノートPC使ってるから、結局グラボの載せられなくて、また店とか、メーカーのせいにする。PCショップでバイトしてた、萌兄には、そういう事態が、こらから起こるだろうということは、目に見えて判るのだ。

でも、ブッチャケ、XPもあと7年使えるようになったから、すぐに買うにはなりませんよね、ビスタの最大のライバルがXPというのもうなずけます。えっ?「アップル」はって?あんなものは存在自体忘れてました(笑い)

だって、アップルって、社名も「アップルコンピューター」から「アップル」に変えて家電メーカーになったんでしょ、もうそんな、PCファンを馬鹿にするようなメーカーのOSなんて恥ずかしくて使えませんよ、今じゃシェアはリナックスにさえ負けてる、へっぽこOSですよ。

そりゃ、安定性とか、グラフィックはなかなかですけど、それだけじゃ、誰も付いてきませんよ、安定性がいいって言うのも、ウインドウズに比べて、アプリケーションソフトが段違いに少ないから、トラブルが出づらいってだけですし、なによりPCを本当に使いこなしたかったら、ウインドウズ使うでしょ。

アップル使う奴は、アップルのPCを持って、かっこつけたいだけなんですよ。

そう、漢は、東急とか京王が嫌いなように、アップルは使わないのだ!



1月30日(火)21:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | PC関連 | 管理

陽だまる?

今期は、陽だまりスケッチとまなびストレートという、高校生なのにロリ臭の刷る作品が、二つもありんす。

どちらも、ポストあずまんが大王世代の作品ですが、何となく、萌兄は陽だまりスケッチが気になります。

どういうところが気になるかといえば、萌兄は陽だまりスケッチを見るたびに、主人公以外の女性キャラが、あんまり清純じゃないんじゃないかって気がするんです。

陽だまりスケッチ自体、話のサブタイトルが、ある一日だけを切り取って話が流れているんですけど、その日以外、主人公以外のキャラは、何となく、爛れた生活してそうな気がするんです。

普通、このての女の子の友情話って、好きな人が出来ても、告ったら振られて、皆でカラオケオチってかんじがするんですけど、なんか、先輩二名には、男の影がある感じがするんです。別にストーリーから、そういうのが出てくるんじゃなくて、何となくそういう気分にさせられるというか・・・

まあ、それで、相手の男が、あんまりいい男じゃなくて、体だけの関係で、爛れてて、主人公のような純粋な存在に触れる事で、自分も、太陽に照らされて光る月のようにひかりたいという、何ていうか、その一瞬の、心の浄化みたいなものが、この作品の雰囲気なんじゃないかと萌兄は邪推してしまうのです。

まあ、それはいいとして、あのコスプレ好きな先生も、何か、コスプレパーティーの後に酒飲んで、勢いで、よく知らない人とベットインしてそうせすし、主人公の友人の金髪の子も、何か、よくわからないで、されてそうだし、でも、みんな穢れても、主人公に触れることで、浄化されてゆく、そしてストーリーがつむぎだされていく・・・そんな感じ。

他のこういう、女の子同士の友情を描いた作品が、白いキャンパスにピンク色を塗ったようなものなら、陽だまりスケッチは、白いキャンバスをまず真っ赤に塗りつぶしてから、白い絵の具を重ねてピンクにした感じ。どっちも、絵としてはピンクだけど、何か違う。そこが陽だまりスケッチに感じる萌兄の違和感であり、面白さだ。

まあ、この話を、先日後輩にしたら、それは先輩の考えすぎですといわれた。きっと考えすぎなのだ、何で考えるかって、メイドさんが居なくて暇だからさ!



1月29日(月)22:29 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

広がる波紋・・・

あんまり身内ネタで盛り上がりたくない萌兄だが、昨日の事実は、萌兄にとっても、かなりショックな事だったので、何か、そのことについて書きた。

その後の情報によれば、今年卒業できないことがきまったであろう、K君は、昨日も趣味のテーブルトークRPGにいそいそ出かけたらしい。

これは凄い事だ。普通留年決まれば、ションボリして、遊んでられないというか、後ろめたさみたいなものにさいなまれて、娯楽に耽るなんてなかなか出来ないのに、かれはそれをやってのけたのだ。

そう、終わってしまった事を、とやかく言っても仕方ないのだ、だから、そのあと、泣いて暮らそうが、笑って暮らそうが、どちらを選んでも、本来、全く問題ないはずなのだ。でも、殆どの人が、それをなかなか出来ない。でも、彼はやってのけたのだ。

それだけで、賞賛に値するのではないか?萌兄はそう思うのだ。だから、萌兄は、彼の行いを笑ったりしないで、褒めてやろうと思うのだ。

そうだ、褒めてやるのだ。でも、褒めてやるのは、昨晩も、ちゃんと遊びに行った事についてだけで、五年生になってしまう事は、褒められたものじゃないとも思うけど、それについても、萌兄は褒めてやりたい。

なぜなら、K君が学校に残るという事は、萌兄にとって、萌兄が学生であったということの証なのだ。

卒業していく萌兄。社会の中で学生時代を忘れてゆく萌兄。でも、未だ学生のK君に会えば、自らが、学生であったこと、青春の中にあったことを、思い出すことが出来るのだとおもうのだ。

そう、萌兄はシムーンの見すぎだ!



1月28日(日)20:35 | トラックバック(0) | コメント(0) | 趣味 | 管理

送る言葉。

僕の敬愛する友人である、K君が卒論を出せなかったとを、彼と同じ境遇の友人のO君からのタレコミで知った萌え兄。

じゃあ、うちのサークルで今年卒業できる野郎は萌兄だけなのか?とちょっと心配になりましたが、現在七年生の先輩が今年も卒業しないわけは無いと思うので、何とか2名卒業できるかなと、希望的観測をしてしまう萌兄です。

しかし、まさか、K君が卒論を落とすだなんて、いくらネタ人生といったって、そこまで、する根性があるとは思わなかったので、萌兄もちょっとビックリです。

ああ、萌兄のことですが?萌兄は喋ったり、書いたりすることはヘンタイですが、いたって行動については真面目な人間なので、余裕でというより、強制的にもう卒業が決まっているわけで。

まあ、それはいいとして、K君の行いに感動したポエムマスター萌兄は、そのK君を題材にして作詞をする事にしました。題名は『五年生が近い・・・』。テレビアニメ武装錬金のオープニングの『真っ赤な誓い』の替え歌です!

">『五年生が近い・・・』

講義出る暇なんて無いさ、バイトする余裕なんて無いさ。

東京土産だけ胸にぃ~、極寒の福島へ帰る~。

あまりにも大きな、単位の壁。学費の借り!

絶対辞めるもんか!親、説得してぇ~。

今は受からない会社ばかりだけど、信じる中坊道を進むだけさぁ~。

留年でも、ニートでも構わない!

オタクを辞めるもんか、五年生が、近い・・・

何時までも、何時までも、萌続けるんだ!

何時までも、何時までも、学生のままでぇ~!

何処までも、何処までも萌えたぎるハートを、オーマイゴット!



1月27日(土)20:39 | トラックバック(0) | コメント(3) | 趣味 | 管理

新しい物語の立案3

ピンポーン、チャイムが鳴って、S男は正気に戻る。もしチャイムが鳴らなければS男は欲情に負けて、隣で黙って湯船に供に浸かっているメイドに抱きついていただろう。「はーい」メイドは返事して、そそくさと風呂から出て行った。

A子がチャイムを鳴らしてから、メイドがドアを開けたのは返事がしてから少したってからだった。A子から見ても、その日のメイドの姿は、湯上りと一目で解かった。しかし、A子にとって、メイドのことなんてどうでもよかったので、S男に会いに来たという用件だけ伝える。それを聞いてメイドは、あからさまに嫌そうな顔をしたが、しぶしぶといった感じで、S男を呼びに行った。

五分もしないうちに、S男はリビングに下りてきた。リビングで一人待たされていたA子は、S男の顔を見て、安堵したが、S男の後ろからメイドがくっついてきたので、また憂鬱になる。しかし、A子を憂鬱にさせたのは、それだけではなかった。

そう、メイドと同じくS男も、どう見ても、今、風呂から上がってすぐという様相だったのだ。その姿を見てA子は脳裏に瞬時に最悪の可能性がよぎる、もし、S男とメイドが一緒にお風呂に入っていたとしたら、本当にそうだとしたら、もちろん、S男とメイドがそういった親密な関係を築いているということだけでもA子にとってはショックなことなのに、なにより、一緒に風呂に入ったという事は、今まで、A子が心の支えとしていた、S男とA子だけの秘密の共有というものさえ、もう消え去ってしまう事にもなるのだ。

A子はいても立っても居られなかった。A子はS男がソファーに座る前に席を立ち、S男の腕を捕まえて、大事な話があるから、2人だけで、S男の部屋で話そうと、強引にS男を引っ張った。その間、メイドは、お茶を出しますから、ちょっと待ってくださいとか、S男とA子を二人っきりにしないための、時間稼ぎをしてきたが、A子はそんな事無視して、S男と、彼の部屋に急ぐ。

A子と、S男は部屋に入った。A子はさりげなく部屋の鍵を閉める。これで、メイドは入ってはこれないはずだ。準備はととのった。A子単刀直入にS男に、あのメイドとはどんな関係なのと聞いた。

S男はA子に質問されて、動揺した。S男はA子のことが好きだった。しかしその好意は、女性にたいしてのものではなく、純粋に、友人としてのものだ。そう、だからこそ、男として、メイドさんという女を求めてしまう、自分に対する、背徳感から逃れるために、自分から見れば、ただの友人、そして潔癖な関係であるA子と時を過ごすことで、今まで、自分の精神を浄化してきたというのに、今、A子がS男に向けている感情は、A子がS男を「男」としてみているからこそ、沸き立つ感情に他ならないのだ。

S男は黙ったままだった。その沈黙が、A子の心を、じわじわと削り取って、彼女から余裕というものを、奪い去ってゆく。A子は痺れを切らして、再び聞いた。しかも今度は、もっと直接的に、さっき、メイドと風呂に一緒に入っていたんじゃないか?、そしてメイドはS男が男であることを知っていえるのかと・・・

S男は、気迫に押されて、答えた、メイドさんは自分が男であることを知らないはずだと・・・そう、じゃあ、お風呂は?間髪いれずにA子が詰る様に問い詰める。しかしS男は本当の事を言うわけにも行かないから黙ったままだ。

A子は、そんなS男の様子を見て悟る。そして、S男に、答えられないという事は、どう考えても一緒に入ったとしか考えられないと、言った。

S男は静かに頷いた。そして、A子に謝った。風呂に入ったのは認めるけど、本当に性別はばれてはいないはずだと、そして、今まで、A子の事を、自分の背徳感を癒すための、単なる都合のいい友人・・・道具として使っていたことを。それだけ語り終わった、S男は力が抜けたように、涙を流して床に伏した。

A子はそんなS男に言った、そう、私を道具にしてたんだ・・・どうせ道具にするなら、メイドなんか使わないで、私だけを、私の全てを道具にしなさい。そう言って、A子は徐に服を脱ぎ始めた・・・



1月26日(金)21:59 | トラックバック(0) | コメント(0) | 小説・文芸 | 管理


(1/6ページ)
>1< 2 3 4 5 6 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買