兄目線でアニメ
 
アニメに対する、視点、論点、あと,メイドさんとか、自作PCとか、鉄道とか酒とかな話。
 



第三章、『TV泥棒』①

スーパーマーケットで、発泡酒の淡麗生500缶と、銀嶺立山の普通酒の五合瓶、豚バラ300グラム、白菜、豆腐を籠に入れる。落ち込んだ時ほど、家事というものは心に優しい作業だとつくづく思う、特にアイロン掛けなんて、最高に心が落ち着くものだ。
そうだ、僕は昔からちょっとナイーブすぎるところがあるのだ。なんと言うか傷付きやすいというか、何でこんなことで一々ショックを受けるのかなって、あとで考えると笑ってしまうことばかりなのだ。そう思うと、さっきまで何故泣いていたのかも、すっかり忘れてしまった僕だった。

刺身コーナーにたどり着く、せっかく日本酒を買ったのだから、刺身も欲しいところだ。店員が「本日特価、白子はいかがですかーっ!」と特価品を並べながら、威勢良く売り込みをかける。
僕は常々思うのだけれど、女性で白子の刺身が好きという人は結構多いように思うが、魚の白子といっても、あれはれっきとした精巣だろ、抵抗は無いのだろうか。僕なんか同じ精巣を保有する生物として、申し訳なさと背徳感からああいったものを口にすることが出来ない。
しかし物は考えようだ、世の中には性行為時に、口内射精された精液をそのまま飲んでしまう女性も居るらしい。という事は、白子を好んで食べる女性にはそういった性癖がある可能性があるのかもしれない。

さて彼女はどうだろう?ふと僕の脳裏に、さっき財布を渡してくれた彼女の面影が浮かぶ。先に断っておくけど、別に何か期待しているわけではないのだ。ただ、女性一般について考えていたので、たまたま、最近ごく身近な異性になった彼女の事が気になっただけだ。
僕は白子の刺身の一番量の少ないパックを選んで、買い物籠に入れる。タダでさえこちらは負い目を作りすぎている。ここで少しぐらい彼女の秘密を暴いたとしても足らないくらいだ。

しかし、負い目といっても、まだ彼女に暴行したり、実害を与えたわけじゃない。汚れた衣服を洗うと言い出したのも彼女の方だ。『負い目』と思うこと自体、考えすぎかもしれない・・・いや、だからといって、『弱み』を握られた事には変わりないかもしれないじゃないか、今朝の姿はあまりにも情けなさ過ぎる。
しかも今、僕は彼女の財布を持っているのだ、彼女が僕を窃盗で訴え、白を切りとおせば僕は犯罪者の仲間入りだ。それだけじゃない、もっと最悪の事態だって考えられる。僕は曲がりなりにも自分の遺伝子の始末を彼女に委託してしまったのだ。今考えれば、今日の彼女は優しすぎるような気がするし、僕を追い出すために、財布まで持たせたのだ。
彼女は財布の中身以上のものを取り返せると踏んでいるのだ。もし下着にこべり付いた精液を採取され、それを悪用されたら、例えば彼女自身が僕の精液を、自らの手で胎内に流し込んで妊娠した場合。僕がどんなに弁解しても生まれた胎内の子供の遺伝子を解析されたらそれでお終い。強姦に対する賠償金か、はたまた育児のための養育費を求められるかもしれない。
どちらにしてもまた、僕は大きなピンチに立たされているという事だ。

僕は、歩みを速めた。もう家を出てから三十分以上経っている、もし僕の推理どおり、彼女が下半身裸になり、簡易的とはいえ人口受精(例えば採取した精液を注射器に詰めて膣内に注入するなど)に挑んでいるのだとすれば、もうひと段落着いてしまっている頃かもしれない、これでは今朝の悪夢と情況はなんら変わらない、むしろ、こちらの快楽が薄い分ずっと情況は悪い。聖母マリアは処女で懐胎したというが、僕は童貞で子持ちになるほど神聖な人格ではないのだ。
もし、彼女が僕の思ったとおりのことをしていたとしたら、逃げられる前に捕まえなければならない。
まあ、財布は僕の手の中にあって、都合がいいことに身分証明書も入っている。だから逃げられたとしても、ある程度探す事は出来る。
しかし、僕には悠長に彼女を捜索する余裕など無いのだ。受精する前に何としてでも産婦人科に付き合ってもらわなければならないのだから。



8月2日(木)08:59 | トラックバック(0) | コメント(1) | 私小説 | 管理

コメントを書く
題 名
内 容
投稿者
URL
メール
オプション
スマイル文字の自動変換
プレビュー

確認コード    
画像と同じ内容を半角英数字で入力してください。
読みにくい場合はページをリロードしてください。
         
コメント

まあその、なんだ

生きとるか?

 by 駄目人間Z | 8月3日(金)06:27


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | FX自動売買