兄目線でアニメ
 
アニメに対する、視点、論点、あと,メイドさんとか、自作PCとか、鉄道とか酒とかな話。
 



アニメ
~説明~
ヘビーアニメ視聴者の萌兄が『兄』な目線で、アニメを斬る?

アニメ品評会(前半戦)

『何気ない会話』

「うーっ。」

「眠そうですね。」

「最近ろくに、眠ってないんだ。」

「どうしたんですか?不眠症ですか?」

「いや、先月メイドを買ったから。」


眠いですね、食欲とか読書とか、運動とか、おっぱいとかの秋とはよくいいますが、僕としては、寝苦しい夏から開放されて、睡眠の秋といったかんじです(もちろん、メイドさんの秋でもあります)。皆さんは、何の秋を満喫中でしょうか?萌兄です。


うはーっ。今週はアニメの最終話が多くて大変です。今期のアニメはそこそこよかったと思うし、最近のアニメは本編が良くても、最終回がダメということが、かなり多かっただけに、今期の最終回の豊作ぶりはうれしいことです。それにしても、ブリーチの放送日変更のCMの「みんなで一緒に卍解だ!」というフレーズはどうにかならないんでしょうか?

ゼロの使い魔・・・やはり、ガンダム(ゼロ戦)が一機あれば戦局が反転するもんなんですね。ストーリー的には詰まらなかったゼロ(エロさはあったが)ですが、最終回はベタな展開ではありましたが、それなりに盛り上がりがあってよかったです。僕的にはこの作品、散々ツンデレ、ツンデレといってるのに、急にゼロ戦をはじめとする、実際の物々しい兵器が出てきたりするところを見ると、なんだか製作サイドの屈折したオタク思想みたいなものが伺えて、むしろ彼らの思想的な部分に興味がでてきてしまいました。まあ、それはいいとしても、この話は二期やっても良かったかなと。

アリア・・・この作品は、特に盛り上がるということは無いのですが、何となく毎回見てしまい、そこそこ満足できる作品でよかったと思います。登場人物は皆魅力的で(萌って感じはしないが)キャラが立っていて、脚本もよかっただけに、何だか後半は絵が乱れていたのはもったいなかったなと思います。まあ、皆川純子が女性役をやっている作品は少ないので、それだけでも見る価値はあったなと思います。

うたわれるもの・・・前半と、終盤のテイストが違いすぎるのは、原作がそうだから仕方ありません。昨日発売されたポケモンダイアモンド/パールに「ムックル」というポケモンが居るのも、ムクドリポケモンという使用なので、白い虎と名前がかぶっても、仕方ありません。でも、昨日早速ムックルを登場させたポケモンのアニメと、うたわれるもの、作ってる会社が同じってことは、ちょっと、しょうがないのでしょうか?まあ、最終回のエルルゥは可愛いの一言に尽きました。ラストもやはり、オボロは旅に出ますが、ユズハはハクオロの子を産まずに死んでいたので、まあ、アニメじゃ仕方ないよね、エロゲじゃないもん!と自分に言い聞かせました。

ひぐらし・・・幼女が縄跳びで縛られているところから始まった最終回。最後はレナと圭一が鉈とバットでチャンバラする。おいおい君たち、レナが学校焼こうとして撒いた、ガソリンが気化してるんだよ、散々みんなに気をつけろって言ってるのに、金属ぶつけ合って、火花でまくりじゃん!でも、発火しないのね、何でだ!じゃあ、何で、ガソリンが気化しているなんて伏線張ったんだ?それにしても、圭一とレナの勝負、圭一が、自分が勝ったら、レナをメイドさんにしたいと宣言するけれど、それに対してレナは圭「一君らしいや」と答える。圭一って、レナからそんなふうに思われてたのか?まあ、引っ越してくる前は、幼女をよく襲っていたらしいから無理ないか、そうだよ、メイドさん・・・嘘だ!だって昭和58年にメイドさんなんていないよね。はははははははは、とんだ名探偵がここに居たもんだ。
それにしても、圭一と魅音とレナって、三角関係なの?確かに魅音は圭一に気がある様だったけど、圭一とレナは・・・そう、馬鹿だから気づかない!仲間ごっこが続けたいんじゃなくて、馬鹿だから気づかないだけなんですね。桜欄ホスト部のように。
まあ、最後に、作品としては、普通に面白かったと思いますよ、本当に。

ドットハック・・・まあ、結末を知りたい奴はゲームやれというわけですか・・・音楽は良かったですよ、音楽はね、そう、音楽がいいことはいいですよね。まあ、それにしても、これならまだ、マドラックスの方が面白かったと思うな・・・。

ゼーガペイン・・・先週のラストで、再びヒロインの座に座ったシズノ先輩。デレモード突入。でも、最終決戦で、記憶喪失に、三角関係から戦線離脱。結局、京は守凪を選んだのか、ラストで、人間に戻れた守凪が、妊娠してた。勝利者は守凪だった。この作品で、解ることはそれくらいだ。
全体としてみると、この作品は、やはり面白かった。エヴァやマトリックスのパクリとか思われてるけどそれは違う。だって、ラストでゼーガペインはロケットパンチしてたじゃないか!そう、この作品は、ロボットもののど真ん中を走っていたのだ。

ストロベリーパニック・・・最終回は何を今更って展開。結局、エトワール選のラストで、シズマがナギサを拉致して、よろしくという感じだった。玉青が、かわいそうだが、彼女はどこまでも大人だった。ラストで、シズノとの逢引から、深夜帰ってきたナギサに「お帰りなさい」とドア越しに声をかける玉青が良かった。シリーズとしてみて、まあまあ、面白かったかな、と思えなくもなかったけど、終盤の、シズマとナギサが距離をとった頃から、話がグダグダ気味になって、キレが悪くなったのが少し気になったが、その分、最終回は大胆で、すっきりした。

あと、今週はシムーンとホスト部が終わりましたが、この二つの作品は長くなると思うので、また明日。



9月29日(金)18:35 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

週間アニメランキング7

「乗馬の練習」

電球が切れてしまったので電気屋に来たメイドさん。

健康器具売り場の乗馬マシンに興味を持ち早速またがる。
するとどうだろう、どんなに揺れのレベルを上げても、非常に軽やかに乗りこなす。

そこで店員、あれだけ上手なのだから、メイドさんが日常的に乗馬をしているのだろうと考え、そんなメイドがいる家はよっぽど大きい家なはずと予想し、最高級品を買ってもらうためセールストークを始める。

店員が聞く「お上手ですねメイドさん、普段本物の乗にのられてるのですか?」

するとメイドさん「いいえ、そんなこと、うちじゃできませんよ。ただ、私は毎晩ご主人様に跨っているだけですよ。」


おなかがすきました。萌兄です。

そんなわけで、ランキングと行きたいとこですが、まずは、最終回を迎えたアニメについて。

コヨーテラグタイムショー
前半はマルチアーノ12姉妹がかなりがんばっていたけれど、後半はフェードアウト。ぶっちゃけ、何を見ればいいのか解らない作品だった。

無敵看板娘
これを深夜枠でやられても困りますよ。

ブラッドプラス
最終話、登場人物が、やたらと沖縄弁のナンクルナイサを多用。おいおい、君たちそういうキャラじゃなかったろって気分。結局最後まで、脚本は駄目だった。でも、こんな駄目な話に頑張って、それなりの絵を描いてるアニメーターさん達に拍手を送りたい。

それでは、今週のランキング
① ゼーガペイン
② それゆけ徹ノ進
③ ストロベリーパニック
④ 桜蘭高校ホスト部
⑤ コヨーテラグタイムショー
⑥ おねがい、マイメロディー
⑦ うたわれるもの
⑧ ウイッチブレイド
⑨ シムーン
⑩ ひぐらしのなく頃に

十位、ひぐらしはレナの首から、虫さんがいっぱい出てきて面白かった。でも時間がループしてるネタは許容できても、梨華の声が急に低くなっていることに、いくら動揺しているからって、圭一が突っ込まなかったところが、ミステリー。

九位シムーン、アーエルとネビリル、ユン、以外はみんな性別を選んだ。カイムとパライエッタは2人とも女だから、くっ付かないのか、残念。

八位ウイッチブレイドは最終回。まあ、戦闘要員がみんな戦って死んだので、世界は平和に成りましたとさ、というラスト。主人公は最後に正気に戻っていたのが唯一の救いか?東京タワーが舞台だったので、カードキャプターを思い出す。

七位のうたわれは、クーヤが廃人になってとても可愛かったのでいいと思う。原作をやったことがあるので、ラストは知ってるけど、ユズハとハクオロがいたしていない以上、アニメ版のラストはゲーム版と違うのか?それ以前に、エルルゥとさえアニメ版じゃ・・・

六位はマイメロ、この作品は、突っ込みどころが多すぎて、いちいち書く気にならないが、ぎゃふんと言わせてやると言われて、普通に「ぎゃふん」と言うネタは、今更良くやるなと感心した。

五位、コヨーテは、コヨーテとは何なのか最後まで不明だった。例えばミスターは「コヨーテってのはな、酒を飲み交わし、夢を語り合い、家族を信じ、仲間のために命を懸ける、それがコヨーテだ!」とマルチアーノに怒鳴るが、マルチアーノを倒した後「奴も、マルチアーノもコヨーテさ、一緒に酒を飲むことはできなかったが・・・」と言う。マルチアーノは確かに姉妹達を可愛がっていたから、家族は信じていたかもしれないけれど、仲間のためじゃなくて、思いっきり、自分の野望のため、同じギルドの仲間も殺しまくっていた所を見るとどう考えても、コヨーテじゃないジャン。と思うし、アンジェリカ捜査官は何でミスターがグレースランドを救ったかについて「ミスターは、コヨーテは、コヨーテだからグレースランドをすくったのよ。コヨーテ、素敵な響きね。」とわけの解からない言葉を並べていた。
じゃあ、一体、コヨーテって何なんだろう。ひとつ解かっているのは、この作品では、かっこつけたい時に、「コヨーテ」という言葉を出すことだ。そう、ガオガイガー内の「勇気」と同じような言い回しと思ってもらっていいのではないか?そう、勇気の最終形態がジェネシックガオガイガーなら、ロマンチックなエゴイスト、それがコヨーテだ。
まあ、それにしても、マルチアーノ十二姉妹、最終回で目立たなすぎ。

四位、ホスト部は環が、実は、みんな自分のわがままに振り回されて困ってるんじゃないか?と気づかされる話。でも、周りのみんなはMだから大丈夫さと来週はなるに違いない。それにしても、ハルヒが急にヤキモチを焼くのはどういうことか?唐突過ぎないか?

いや、問題は環だ。トウハト2の環ネエと同じ名前じゃん!

三位はストパニ、天音の記憶が戻り、光莉と結ばれる・・・って、女同士じゃん?久しぶりに(神無月の巫女ぶりに)、女2人で裸で寝てる映像、アニメで見ました。

二位は徹ノ進。徹ノ進の家族を救うため、ヒルズの犬たちは、ヒルズレンジャーを発足、巨大ロボまで作って準備は万全。しかし、ロボで遊んでいる合間に、徹ノ進は拷問され、パパさんの会社も潰され、ションボリ。わけわからん展開だ。

そして一位は、ゼーガペイン、ジズノ先輩は、サーバーの作った人工の幻体だった。でもみんなそんなことは気にしないぜ、シズノ先輩は仲間さ、というのりで、敵にみんなで石ころ投げて倒す。
しかし、舞浜サーバーを地球に戻すため、京は実体化し、守凪と別れることに、シズノ先輩は守凪に待っていてあげてと言うが、まんまと京についてゆきムフフ。かわいい川澄声が聞けて、満足。

まあ、今週はこんなところですね、来週は最終回が多いから、皆さんも見逃さないように、気合入れていきましょう!



9月24日(日)13:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

週間兄目卵金具6

時は江戸、
在る貧乏な青年はうなぎ屋の店頭にご飯だけ持っていって、うなぎの香りをおかずに飯を食ったそうだ。

日本人は、うなぎの香りで飯がくえるらしーよ。

おはようございます。
おはようメイドさん、ふーん、いい香りだ、朝ごはんは何かな?
米飯と味噌スープです。
じゃあ、この甘い香りは一体・・・?

ご主人様は、メイドの体臭で、メイドを食えるらしいよ。

ご機嫌麗しゅう萌兄です。
まずは、悲しい話。北海道いってて、ゼーガペインを見損ねるお茶目な萌兄は、今週もファンキーなアニメランキングを、提供しちゃうぞ!

でも、その前に、今週最終回を迎えた作品の総括を・・・

ハチクロ…人間、恋愛が一番大切な人も居れば、それ以外に人生をかける人もいるっていう、ラスト。そうか、僕も、恋愛よりメイド愛に人生をかけているのかと、気付いた。

貧乏姉妹物語…この作品は全体として、貧乏でも、楽しく姉妹のじゃれあって生活している姉妹を、微笑ましいと思いながら眺めるのがコンセプトな作品でしたが、アリアぐらい、さりげなく感動話を入れてくれるならまだしも、ガオガイガーがストーリー、演出、供に伝説の押し売りだったのと同じように、この作品は、お涙頂戴の押し売りだったかなという感じ。それと、このブログの記念すべき第一回目で触れた姉妹の乳の事だけど、母親は乳があったので、やはり姉妹の乳が小さいのは遺伝ではなく、栄養がたりないからなのであろう。

つよきす…エロゲ資本の作品にありがちな、つまらなさが良い。決して毎週、見たくて見てるわけじゃないけど、見れば見たで、つまらなくて満足できる。そんなエロゲ資本のアニメらしいアニメで、気持ちが良かった。あと若本ヴォイスも聞けたし・・・

そんなわけで、続けて今週のアニメランキング
① ↑ おねがいマイメロディークルクルシャッフル
② ↑ ひぐらしのなく頃に
③ ↑ アリア
④ ↑ シムーン
⑤ ↓ 桜蘭高校ホスト部
⑥ ↓ ハチミツとクローバー2
⑦ ↑ ワンワンセレブーそれゆけ徹ノ進
⑧ ↑ 韋駄天翔
⑨ ↑ 貧乏姉妹物語
⑩ ↑ いぬかみ

まず、十位いぬかみ、若本のゾウさん砲が最高だった。他はドラゴンボールな展開。
九位貧乏姉妹は、あすが、きょうの体を拭くシーンで妄想できてよかった。
八位韋駄天は、自転車の支配するXゾーンの存在を知った、この世界の住人が、「異世界なんて、マウンテンバイクの世界だなんて、信じられない」と言っている所に大きく共感。
七位の徹ノ進は、敵の白金の犬楽園のボスが徹ノ進の飼い主にまでちょっかいを出して、徹ノ進が大きく動揺する話。寝返れば助けてもらえるという誘惑に勝ち、仲間を裏切らなかった徹の真に男を見た。あと、セト様って時々凄くカッコいいオッサンだと思う。
六位ハチクロ、竹本君の中の人が交通事故でお休みだったのが、プラスかマイナスか?
五位、ホスト部は環のカリスマ性に冷徹なだけだった、鏡夜が惹かれてゆく過去話。なんでかな、世の中には、カリスマ性のある人がいて、色々な所でもし自分が勝っていると感じていたとしても、この人には勝てない、ついて行こうと思ってしまうそういう人は居る。
四位、シムーン。カイムとアルティの幼少時代が可愛い。
三位、アリア、気付いていましたか?アリシア、晃、アテナ、灯里、藍華、アリス、皆最初に『あ』がつくんですよ、先輩。でっかい驚きましたか?今週は、藍華と晃の師弟関係が熱かった。僕的に皆川純子は女役のほうが好き。
二位ひぐらし、個人的に中原麻衣が好きなので、この作品はお気に入り、はうー、お持ち帰りぃー。先週、あれだけみんな仲間だ、とか言っといて、レナと圭一は他の連中に事の真相を秘密にするところが、お茶目だなと思った。
そして一位は、マイメロ。先週クロミに負けたマイメロは欝状態に、新しい力を得るために王様(ゾウ)の元へ、王様の怪しいダンスで、メロディータクトは卍解し、それを使いこなすためにマイメロは早口言葉の修行に。その間に、クロミは勢いに乗り次々に黒音符を集めるが、もう少しというところで、卍解したマイメロが、マイメロママとウサミミ仮面を同時召還し、クロミを打ち破るという男らしい内容だった。

まあ、今週はこんなところでしたが、今週は登場しなかったゼロの使い魔のゲームが出るそうで、そのゲームの『ツンデレシステム』なるものが気になって仕方のない秋の萌兄。



9月17日(日)21:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

週間アニメランキング5

そんなわけで、今週のランキング。今回は、今までランクインしなかった作品も出てますな。

① ↑ ゼーガペイン
② ↑ 桜蘭高校ホスト部
③ ↑ おねがいマイメロディークルクルシャッフル
④ → ハチミツとクローバー2
⑤ ↑ シムーン
⑥ ↑ ウイッチブレイド
⑦ ↑ ちょこっとシスター
⑧ ↓ それゆけ徹ノ進
⑨ ↑ 韋駄天翔
⑩ ↑ ストロベリーパニック

まず十位ストパニは今回もレズな内容、この世界ではどうやら恋愛というものは女性同士でやるというのが前提らしい(マリ見てかっ!)今週は最後の最後に天音が自分の本当の気持ちに気付き、光莉の元に走るが、光莉の目の前で落馬するというベタな展開が光った。

九位、韋駄天翔(いだてんじゃんぷ)は邪悪な魂に支配され、父親が世界を滅亡させようとしているのを、止めるべく、主人公が仲間たちの力を借りて、必殺技を完成させる話。よくもまあ、自転車を題材に、世界が滅亡するだの、という話が書けるものだ。

八位、徹ノ進。今回は運動会ネタ。犬楽園の運動会は、まず掛け金をはらって、賞金である百万を手にするため、競い合うという、スポーツマンシップの欠片もない大会で、それにカード破産状態の徹ノ進が挑むという話。玩具を売るための演出も欠かさないところがにくい。

七位ちょこっとしスターは、普通の青春恋愛物語。最近こういう話少ないな。

六位ウイッチブレイドは、佳境を向かえ、かなりの鬱展開。母親である主人公は、娘に、もう自分の命が尽き掛けている事を告白する。この作品とシムーンは、今期では真面目な割りにエロい作品だったなと思う。

そして五位はシムーン。今回は、事実上降伏した宮国に敵国が和平の条件としてコールテンペストの解散を迫ってきたという話。最近、登場人物が皆悟り始めたのに、アーエルはちょっと動揺気味。回想シーンの幼女アーエルが可愛かったのが高得点。

四位ハチクロ。はぐちゃんは、結局、武本君でも森田さんでもなく花本先生をえらぶという、ちょっとトリッキーなギャルゲーな内容(わけ解らんなこの言い回し・・・)。負け組みの野郎どもは、来週からどうするのか?

三位マイメロ、バク君の妹、バコは天才児キャラだが、実は去年のラスボスのダーちゃんがバコに取り付いているから、言葉を話したり、黒音符の香りを察知していたという事が判明(劇中の人物たちはまだ知らない)。ダーちゃんの力も次第に復活し、クロミのマブダチのクロミーズ5を召還することができるようになり、マイメロを倒す事に成功。一方マイメロは、これまでに無い挫折感に苛まれる。

二位ホスト部は、遂に環が自分の気持ちはハルヒの父としての気持ちではなく、恋心なのではときづく話。しかし、ビデオが途中で終わっていたので、最後まで見れず無念。

そして堂々一位はゼーガペイン。今週は、シズノ先輩のアップは綾波のようで、皆で学校の机に座って、敵のボスの授業を受けたりと、何だかエヴァンゲリオンな演出が面白すぎでよかった。そういえば、ゼーガペインのDVDの宣伝、二回だけなぜか舞い乙女のアリカが宣伝していたのは何故なのか?これがサンラライズクオリティーなのか!まあ、何にしても、「忘れるなわが痛み」というやつ。



9月11日(月)12:36 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

週間アニメ乱禁愚4

まず、今週のランキング、チェケラッチョ!

① ↑ ゼロの使い魔
② → ひぐらしのなく頃に
③ ↑ アリア
④ ↓ ハチミツとクローバー
⑤ ↑ ゼーガペイン
⑥ ↑ わんわんセレブーそれゆけ徹ノ進
⑦ ↓ 桜欄高校ホスト部
⑧ ↓ NHKにようこそ
⑨ ↑ おねがいマイメロディー
⑩ ↑ シムーン
まず、10位シムーン。迷いの吹っ切れた面々の見せる鮮やかなリマージョンによって敵国を追い払うが、宮国は和平交渉に臨むことに、パライエッタとモナリスが男らしすぎる。あと、このアニメ、大切なシーンになると荒め水彩画調の絵になる演出があるけど、昔のアニメだと結構使われていた技法なので、シムーンを観ていると、「ガンバの冒険」を思い出してしまう。
9位マイメロは今回も、よく解らんノリで面白い、サンリオはこの作品認めてるの?フィギアも出るみたいだけど、第一弾に既にクロミ(人間バージョン)がラインナップされ、しかも抱き枕カバーも出るとは、一、二度しか出てないキャラなのに凄い人気(?)だ。
8位、NHKは主人公に母親が尋ねてくる話。今回は普通のラブコメちっくな所も。
7位ホスト部はヤクザの坊ちゃんの話。ラストにハルヒの着替えシーン。来週から新展開ありそう。
6位、徹ノ進はネットゲームな話。ネットゲームとは言うものの、同じ土曜の朝にやってる、ロックマンエクゼのような内容。おもちゃを売るためか、CMに入る時のカットが徹ノ進カードに。
5位はぜーがペイン、この作品、そろそろ終わるらしい。面白いのに残念。でも今更、エンディング変えるのって。
4位、ハチクロ、更に欝展開が続く。花本先生の想いが痛い。この作品、オヤジキャラがカッコいいのがいい。
3位、アリア。女性キャラと男性キャラが入れ替わる話と、暁の子供の頃の話。前半は暁の女バージョンがキモくて、グットジョブ。後半は、暁の母が可愛くてよかった。
2位のひぐらしは、水鉄砲大会。ブルマな展開。この作品のキャラデザでデジキャラットの続編「ウインターガーデン」が製作中だそうで、どうなる事やら。
1位はゼロの使い魔。ルイズがデレデレで、釘宮のロリヴォイスが炸裂していたので、それで良いと思う。
今週のランキングは僕的に美しければそれで良いという展開でした。
あと、今日から、サークルの合宿で留守にするので、6日ぐらいまでブログはやすみなので、皆さんはその間に、メイドさんと幸せ家族計画を練りましょう。



9月3日(日)12:50 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理


(9/12ページ)
最初 3 4 5 6 7 8 >9< 10 11 12 最後