兄目線でアニメ
 
アニメに対する、視点、論点、あと,メイドさんとか、自作PCとか、鉄道とか酒とかな話。
 



2007年2月を表示

久しぶりにアニメの感想とか、

アニメは毎日見てるんですけど、最近感想かいてなかったので書いてみる。

まなびストレート・・・今回は夏休み最後の日という設定、小鳥とコードギアスの無頼改(藤堂機)が似ているなと前から指摘しているけれど、今回は小鳥が日焼けしていて、無頼改(四聖剣機)っぽくなったのが面白い、コレは何かのメッセージか?

あと、劇中で、「社会人はいいよ、毎日お祭りでさ」みたいな台詞あったけど、それは映画「バブルへGO」の宣伝だろうか?それにしても、まなびストレート世界では、好んでフリーターを選ぶ人間が多いというのは、ちょっと病んだ設定だなと思う一方、三十年後は、好きでプーやってもいいぐらい、景気が良くなるといいなと思ったりもします。

セイントオクトーバー・・・ボーリング?ちょい古くない?ボーリングなんて今じゃ千葉の高校生しかやらないと思ってた・・・まあ、それはいいとして、ユアン君はかわいいよね、もう最高に萌える。

先週の中盤に、小刀乃とユアン君が一緒のベットで寝ていて、小刀乃が落ち込んで泣いているとユアン君が慰めて、2人ベットの上で抱き合うシーンがあったけど、あの後、小刀乃は確実にユアン君を襲っただろうなと邪推せずにはいられませんでした。

京四郎と永遠の空・・・ヒロインの何ていうか、せつなに対する態度が無神経すぎるのが、毎回面白い。あと今週はそんなヒロインの態度に耐えかねたのか、せつながヒロインの便箋を破壊したシーンが良かった。

それにしても、今週のラストは、シャッフルメモリーズの楓編とかぶってるね。

ひだまりスケッチ・・・何ていうか、あのトカゲみたいのは何?

あとこのアニメは、毎週エロくていいね。

武装錬金・・・なんていうか、和月漫画は、最初ギャグ調なんだけど、ラストに近づくと、深刻な話になってきて、面白くなくなるのが・・・でも、斗貴子さんがいるからいいか。

プロジェクトブルー・・・毎週面白いけど、昔のSF物をオマージュしているのなら、もっと、人間ドラマの部分はさっぱりさせて、ビリーとかベニーの何ていうか感傷的な話は入れないほうが良かったんじゃないかなとかも思います。

はあ、まあ、今週はコードギアスが、総集編だったから、ちょいとパワーダウンな感じでしたね。



2月23日(金)16:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

いばらぐ

うちは、茨城と千葉の狭間にあるからチバラギ県だ、今日も母親の都合で、茨城までドライブ。

茨城って、北部三県の栃木、群馬、茨城の中で、一番東京から近いのに(常磐線の鈍行でも40分ぐらいで取手に着く)栃木や群馬と比べると遅れている感がある、というか実際遅れている。

どうしてなのか、まあ、交通の要所じゃないから仕方ないだろうし、観光地も殆ど無い、本当にどうしようもない県だ。

そして、何よりもどうしようもないのが、市町村合併でどうしようもない地名が増えているという事。何ていうか、ひらがなの市が多いのだ。

まず、昔からある「つくば市」「ひたちなか市」を始めとして、「かすみがうら市」「つくばみらい市」まである。

特に「つくばみらい市」は「さいたま市」以上にポップなネーミングだ。

まあ、こんな具合に、どうしようもない、茨城でも、納豆は本当においしい、別に、藁に包まれた特別なものじゃなくても、普通にスーパーでパック売りされているもが凄くうまいのだ。

それだけでいいんじゃないか?例えばメイドさんに納豆を塗ったくったりすると楽しそうだし、まあ、何処にいるかは問題じゃないのだ、要は誰といるかなのだと、思ったりする。

ちなみに、上の写真は、空から見た霞ヶ浦。



2月22日(木)16:19 | トラックバック(0) | コメント(0) | 社会 | 管理

時代

今日も、引越しの関係で一日ずっと片付け、よく大掃除すると昔の新聞紙とか出てきますよね、そんなわけで出てきたのがコレ。

あずまんがは懐かしい、しかも朝刊の表表紙に堂々と宣伝を載せるとは・・・当時のあずまんが人気が伺えます。

あと、12チャンでスクライド、シャーマンキング、シスプリがやってるのも、今も昔もテレ東はアニメ漬けなかんじで好印象ですな。

ちなみにこの新聞は2001年9月19日のもので、八日前には、あの9.11テロがあって、ビンラディンの記事があったり、

今日は日銀で利上げが決まったけど、そもそも不景気で利下げが決まったのもこの日だったりして、日本が一番不景気っぽかったこの頃に、『「疲れたな・・・」と感じたら』というキャッチコピーは上手いナとか思いました。



2月21日(水)20:52 | トラックバック(0) | コメント(0) | アニメ | 管理

製作日記5

シャッフルメモリーズの楓編が凄くイカれていて最高だった。特に後編は前編のようにBパートからユルイ展開になることも無く、楓の精神は益々追い詰められてゆく、展開がとてもキュート。

特にあの目で、後藤邑子ヴォイスなのがが最高だです。でも最後は、亜沙先輩を刺すぐらいするかなと思いきや、女々しく泣きじゃくっていたのが、少し物足りなく感じました。

あと、目をつぶって見ると、少し涼宮ハルヒを思い出しました。

まあ、こんな感じで、アニメについて、ぶーたれているのは、ゲーム製作が思いのほか進行しないのが原因。何ていうか、シナリを書くのって、絵を描くより、暇な作業なので、集中力が上手く続かないんですよね、そんなわけで、時間がかかって、ブログの内容も劣化の傾向、でも、二月いっぱいは、頑張って更新しようと決めたので、何とか駄文を書き連ねているのでありんす。

まあ、それはいいとして、人形が好きなので、人形のサイトを時々見るのですけれど、



この商品の、説明を読んで、何となく、ロリコンな先輩を思い出したりしましたとさ。
(画像をクリックすると大きくなります。)



2月20日(火)21:42 | トラックバック(0) | コメント(0) | ゲーム | 管理

また歯医者。

今週のジャンプを立ち読みしたら、ユンボルの展開の速さとエグさに驚いた。あの姫があの若さで、既に出産を経験していたなんて・・・何とか、三巻ぐらい続いてくれないかな、このままの掲載順位だと、へたすりゃ一巻で打ち切りになりかねない。まあ、心配しなくても、仏ゾーンもシャーマンキングもアニメ化したから、当然ユンボルもアニメ化しないはずはないのだ。

まあ、立ち読み後は、今日も歯医者。

昔、小坊のころ虫歯治したときは、歯を削る時、根性で麻酔なしでやってたけど、今は、ちゃんと麻酔してくれて、全工程殆ど痛みなしで治療できる。医者も最近はサービス業だから、患者の待遇が前より良くなっている気がする。

まあ、それは置いといて、麻酔かけて歯を削られると、全く痛くは無いんだけど、何ていうか、あの歯を削る音が、何とも心に痛いのだ。

そんで、ダブルブリットなんて昔の作品を思い出したり。何ていうか、主人公(実年齢25の外見17ぐらいの萌生物)が、痛覚を自由に操れたりして、そんで、痛くないもんだから、義理の弟が解らずやの廃人で、ナイフで姉の事を切りたがるから仕方なく切らせてあげる話なんだけど、そこでも、痛みは制御して感じないけど、音とか感覚が痛くて仕方ないとかなんとか。

でも、どうせ痛い目にあうなら、麻酔うってもらったほうがいいよ、よく酔ういう話になると、根性とか、精神論持ち出す人居るけど、そんな感傷に浸ってどうするの?あんたがそうでなくても、そういうこといってると、自分がマゾっていうこと口外しているようなもんだぜ、はっはっは。

まあ、萌兄はSだけど・・・でも、Sを極めるとそこにMがあるような気もする今日この頃。



2月19日(月)20:30 | トラックバック(0) | コメント(1) | 小説・文芸 | 管理


(2/6ページ)
最初 1 >2< 3 4 5 6 最後