兄目線でアニメ
 
アニメに対する、視点、論点、あと,メイドさんとか、自作PCとか、鉄道とか酒とかな話。
 



メイドさん
~説明~
メイドさんは、かわいいいなとか、柔かそうだなとか、いろいろ。

木枯らし

何を書こうか、それが問題です。

例えばメイドさんに何が好きかと尋ねれば、「エッチです。」と答えるかもしれないし、「ご主人様です。」と言うかもしれない。

まあ、そんな事はいいのさ、だって僕が言いたいのはそんな事じゃないんだ。

「じゃあ、どんな事なの?」と聞かれれば、本当に大した事でもないと自分でも薄々感付いているから、どうも萎縮して言えなかったりする。

でも、それじゃいけないんだとも思う。なんせ、このままじゃ堂々巡りもいいところなのだから、だからここらでちゃんとしたルールートやらを作らなければならないと思うんだ、でもだ、だからといって、今まで続けていた事を不意にしてしまっても良いわけは無く、だからといって続ける事に意味があるかって言うとまたそれはうかがわしいところで・・・

じゃあ、ほんとのところ何が言いたいのかというと、それを言ってしまうと、その時点でこの問題がつまらない問題に思えてしまうんじゃないかとか怖いし、けれど、これ以上先延ばしにしても何の利益も無いわけだし、むしろ不利益の方が多いのかもしれない。

でも、もし、それを言って、何か変わればいいけれど、何も変わらなかったら?むしろ悪い状態に陥ったらと考えると、更に怖くなって何も言えない、ああ、この問題は、ニキビを潰して早く直すか、それとも痕になってしまうのが怖いから、そのままそっとしておくかっていう問題にも近いのかもしれないな。

よし、もう何も言うまい、どうせそのうちボロは出てしまうのだ、それならいっそボロが出る前にここから退場するってのはどうだろうか?我ながらいい考えじゃないか、そうさ、今より悪くなる前に逃げてしまえば問題は無いのだ。ははは、簡単な事だったんだ、本当に簡単な事だったんだ。


程なくして、メイドさんは買い物から帰ってくる。メイドさんが近所のドラックストアに買い物に行く時は大体この時間に戻るって決まっているのだ。メイドさんは、部屋の中を見回す。買い物に行く前には部屋の中にいた主人が何処にも居ないのだ。

メイドさんは困惑する。一体どうしよう。メイドさんには主体性というものが全く持って賭けているから、主人に何か言って貰わなければ、この非常事態を打開する方法というものが解らない。しかしながらこの非常事態という奴が主人の失踪であるわけだから、もう彼女には何もする余地は無いのである。メイドさんは黙って待つしかないのだ。

「だから、こうやって文章をを書いているときも僕は思うのだ、まだ、あのメイドさんは、あの缶詰みたいな街の油っぽい部屋でずっと主人の帰りを待ち続けているんじゃないカってね。」と僕は友人に話すと彼は苦笑しながら、「君がそのメイドさんの主人なら本当に酷い話しだ。」

僕は彼の言葉を一文字一文字噛み締めながら答える「違うんだ、僕はメイドさんの主人ではないし、ましてや彼女が本当にずっと待ってるなんて思っちゃ居ないよ。」

季節は確実に冬に向かっている。もう窓の外では木枯らしが吹き始めている。こんな日に幸せな人々は暖かいシチューを食べると決まっているのだ。だから僕も大きいホウロウ引きの鍋を買って舞っている。とっくに逃げ出したメイドさんが、この家に迷い込んでくる日を、ずっとずっと待っているんだ。



11月21日(水)21:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | メイドさん | 管理

エロチックメイドチック

最近、アクセス数がまた増え始めましたね。これも基地外エロメイド漫画描き始めたおかげに違いないのですね。

さて今日もエロ漫画のネームを書いていたのですが、漫画に限らず、僕のメイドさんに対する作品について、皆さんは多かれ少なかれ何ていうか誤解してるんじゃないかなとか僕は時々思うんですよ。

例えば、僕が時々使う「メイドさんは奴隷であって人ではない」という定義。これは一体どういうことか?

まあ、例えば、よく漫画とかに出てくるアンドロイドメイドなんかは、普通に人外であって人間ではありませんとね。でも僕の言うところの奴隷としてのメイドさんはそういうものではなくて、言ってしまえばメイドさんの奴隷性というものは「生物学的な人外ではなくて、文化的、精神的な奴隷」であって、かつて存在した、奴隷制(当時奴隷は人としての範疇の外だった)の奴隷に近いわけで、そういう意味でヒトで無しなのである。

ここまでの事が理解できれば後は解りやすいと思うけれど、結局メイドさんは上の事を踏まえると世間一般で言われるところの「肉奴隷」とも違ってくる。肉奴隷は一応人間の範疇に入る存在だからだ。

という事はメイドさんはなんだと聞かれれば、メイドさんはヒトでないのだから「血の通ったダッチワイフ」というのが適当であると僕は思うのだ。メイドさんは生物学的には人間の女性ではあるけれども、観念的にダッチワイフであるわけだから、ダッチワイフが妊娠しないのと同じように、メイドさんが妊娠する事は、メイドさん自身がメイドさんでない事を証明してしまう事実ににもなってしまう。

「なるほど、だからメイドさんは、中に出されるのを極端に怖がるのだね。近代のメイドは妊娠が発覚するとだいたいクビにされたのだし。」

でも、話はそう上手くは行かないのだ、メイドさんは何たって『「め」っちゃ「イ」ンラン「ど」れい』なわけだから、どうしても妊娠は免れないわけだし、まあ、そうだからこそ、女性しか存在しない「メイドさん」という種が今まで生き残ってきているのだ。



11月15日(木)21:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | メイドさん | 管理

メイドさんノート

これは、僕が調べたメイドさんに対する諸研究を簡単に纏めたノートである。

早速本題に入る。まずメイドさんの起源からだ。皆さんもご存知の通り、メイドさんの元といえる「メイド」という職業ガ生まれたのは第一次大戦前のイギリスである。

その頃はまだ女性の人件費は非常に安いもので、大屋敷なら何人ものメイドさんを抱えられたし、一般的な家庭にも一人のハウスメイドを置くぐらいのことができた訳だ。しかしながら大戦が始まると男手は減り、必然的に女性であっても国内における労働者の価値と賃金は上昇し、安い賃金が前提となって作り上げられてきたメイドという職業の存在自体が立ち行かなくなっていき、次第にメイドという職業は消滅し、今あるような家政婦などに職業がシフトしたと考えられていた。

しかし、最近の研究で明らかになったところでは、メイドという職業がなくなりつつある世界大戦の中で、メイドという職業に愛着を持ち、戦争から逃れたいと思うメイドとその主人の一部が、北大西洋に浮かぶメイドランド諸島に移り住んだという記録が残されていることが発覚したのだ。

そう、メイドランドといえば、現在街でよく見かけるメイドさんたちの故郷であり、世界ランド最大のメイドさん輸出国でもある、あのメイドランドである。
一時対戦初期にメイドランド諸島に逃げ込んだメイドと主人たちは、そこで独自のメイド文化を形成し、一年中肌寒い機構がメイド服を更に進化させ、一日中薄暗い白夜の季節が、メイドさん達を床上手に仕上げ、その異常なまでの繁殖力を養った。
そして気付けば、決して広くは無いメイドランド諸島はメイドさんであふれ、メイドランドとして本国であるイギリス連合王国からの独立も果たし、増えすぎるメイドさんを狭い島では養いきれないためにメイドさんの輸出も始められたというわけだ。

今や、北大西洋のメイドランド諸島には、沢山の貨物船が航行し、引っ切り無しにメイドさんを運んでゆく。その様子は列強帝国主義時代の奴隷貿易で賑わうギニア湾の様相を呈していると言っても過言ではない。
しかしながら、貨物船に詰め込まれ輸出されてゆくメイドさんたち自身の心は、奴隷として送り出される感傷などはなく、むしろこの航海をメイドに成るための旅立ちと考え、神聖視しているものさえ居る。これは以前の奴隷貿易とメイドさん貿易の最大の相違点といえるだろう。

加えて驚くべき事は、ここまで凄まじいペースでメイドランドはメイドさんを輸出しているというのに、メイドランドにおいて、メイドさんの枯渇が見られないということであり、その答えは、単なるメイドさん達の繁殖力の強さだけではなく、メイドランドの特殊な相続のシステムに最も大きな原因があるのだ。

まず、メイドランドにおいてメイドさんと主人は一般的な「メイドさんと主人」という形で家族的な社会を形成している。しかしながらメイドさんは一度輸出されると、そういったメイドランドの共同体から抜け出すことに成り、輸出された国のしきたりに従う事になる。メイドさんは繁殖力が半端で無いため、大体の場合主人や御坊ちゃまの子供を身ごもってしまう。そうなると日本のような国では最近は男女関係無く子供は大切に育てるのが一般的だが、世界の多くの地域では、まだまだ跡継ぎにならないような女の子供、しかも妾の子を育てようとは思わない所がいくらでもある。
そうなると必然的にメイドさんは仕方ないので、自分の子供(特に以上の理由から女児が多い)と一緒にメイドランドに帰ったり、子供だけメイドランドに引き取ってもらったりする。

こういったケースが多いため、メイドさんが世界に多く輸出されれば輸出されるほど、メイドランドに引き取られるメイドの子供は増えるために、メイドの供給は安定を続け、また多くの地域の主人とメイドさんが交配する事により、メイドさんのパターンは増えてゆくのである。



10月19日(金)18:32 | トラックバック(0) | コメント(0) | メイドさん | 管理

まあ、大した話じゃないが。

本日は、久しぶりに同期の友人に会ったので、飲んだりしましたのです。

やはりウイスキーにしても、ビールにしても麦、特に麦芽から作られた酒は最高ですな。

まあ、それはさておき・・・


メイドさん、君は一体何を考えているんだい?

「トイレに行きたいんです。」

「トイレって、何をしたいんだい?」

「『なに』に決まってるじゃないですか、」

「『なに』って何だい?」

「『なに』に決まってるじゃないですか。」

そうだ、メイドさんはそうプログラムされてるんだからね。



9月10日(月)22:28 | トラックバック(0) | コメント(0) | メイドさん | 管理

例えばこんなこと

メイドさんのオッパイは、夢や希望が沢山詰まっているから、こんなに大きいんだね。


8月29日(水)09:27 | トラックバック(0) | コメント(0) | メイドさん | 管理


(8/16ページ)
最初 4 5 6 7 >8< 9 10 11 12 13 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | 恋活
家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機